ベルックス社製「天窓」の交換について

現場レポート:ベルックス天窓交換
札幌市南区S様

築27年になる住宅の天窓付近の漏水がひどく、ご相談いただきました。

天窓の付近は、漏水により石膏ボードが溶けてクロスが剥がれていました。

天窓を交換する為には、屋根の葺替工事が必要です。

以前は、天窓廻りのコーキング処理で延命をしていましたが築25年を超えて天窓の交換部品も既にに無いため、一時的な補修工事ではかえって雨漏りの原因となるため、現在では屋根材の交換と天窓の交換を同時にお願いしています。

当時の天窓の特徴で天窓上部のジャンプ台に隙間があるため暖気が上がると結露水を大量に発生させて木材が腐っています。室内と外気の温度差がある日には、雨、雪がなくても突然ポタポタと水滴が落ちてきます。これはコーキングでは直せません。

工事内容:屋根解体、屋根新設、天窓交換、木工事、内装工事、仮設足場
工期:3週間


中古半端な補修工事では、かえって家を傷めて何度も補修を繰り返すことになります。


ルーフマンでは、ベルックス認定工事店として最適な改修方法をご提案いたします。

札幌市内のベルックス天窓付きの住宅で雨漏り、結露でお悩みの方は、当社へお気軽にご相談ください!現地調査、御見積は無料です。