台風で雨漏りしたらルーフマン

雨漏りしない屋根を作る方法とは!?
それは、屋根の防水シート、ルーフィングが重要です。
低品質のものもあれば、高品質なものもあります。

そのルーフィングの種類と重要性について解説いたします。

ルーフィングとは何か?

ルーフィングシートとは屋根本体の下に敷く、【屋根の防水シート】です。
【下葺き材(したぶきざい)】ともよばれています。
その他、言葉を短くして「ルーフィング」とよんだり、アスファルト製が多いため「アスファルトルーフィング」ともよんだりします。
ルーフィングシートは、ルーフマンの工事現場では必ず登場します。
ルーフィング

しかし、屋根の下に敷くシート(目に見えない建材)なので、あまり重視されない傾向があります。
事前に何も説明を受けないまま建築会社や設計士が勝手に選んだシートをそのまま使用することがほとんどです。

しかし、このルーフィングシートは屋根本体と同じ、もしくは屋根本体以上に「超」重要な建材です。

実際にルーフィングシートはたくさんの種類の商品が販売されています。
ここでは、ルーフィングシートについて詳しく解説いたします。

ルーフィング(ルーフィングシート)とは、屋根材の下に敷く防水シートのことです。
(業者さんによっては屋根下葺き材とも呼ばれています。)

屋根材の下に隠れてしまうので、普段は全く目にすることがありません。新築や屋根の葺き替えの時でないと、ルーフィングを見る機会はなかなかないでしょう。

だからこそ、劣化や破れになかなか気づきにくく、気づくのは雨漏りなど甚大な被害が出た後になってしまうことが多々あります。
ルーフィングは、普段目には出来ませんが、本当は屋根材以上にとても重要な建材なのです。

屋根材の効果について勉強し、どの屋根材がいいか深く検討される施主の方は多いですが、このルーフィングにまで気を使って屋根を考えている方はどれだけいるでしょうか?このルーフィングをしっかりと施工しないと、雨漏りや野地板の腐食の危険性がとても高まってしまいます。しっかりとチェックできるのは屋根を作る新築の時か、屋根の葺き替えの時だけですので、要注意です。

ルーフィングの役割は防水ですが、正しくは屋根材の雨仕舞で防ぎきれず、屋根材の下に侵入を許してしまった水を「屋根内(屋根裏)に入れず外に流すこと」です。あくまでも屋根材の機能とセットでの防水効果になります。

基本的に、下から順に重ねてタッカーで貼り付けることが基本の施工方法です。

屋根の水下側から貼り始め、水上側に向かって、上下の重ねは100ミリ以上、左右の重ねはは200ミリ以上とすることが基本です。タッカーで打ち止めする感覚は300mm感覚が妥当ですが、もちろん重ね代の部分には必ず隙間ができますので、ルーフィングが完全防水ということではありません。
板金、瓦などの屋根材がまず雨水や風を処理(雨仕舞)し、屋根材が処理できなかった雨水や風をルーフィングが処理するということを覚えておいてください。

屋根の葺替工事を安心して行うための

4つのポイント

◎価格と工事内容のチェック!!
◎下地の防水性能のチェック!!
◎商品の特性と、住宅の特性チェック!!
◎充実保証つき屋根材メーカーの指定工事店の確認登録業者を選択!!

屋根の防水について

ほとんどの販売店、施工店は、防水材の説明をあまりしないため、ここでは、ルーフィングの種類と施工方法について説明します。

◎アスファルトルーフィング940とゴムアスの違い(すべての屋根材の下にはルーフィングが施工されています。)
まったく違う防水性能と、屋根によって変わる施工の仕方。
当社は、すべてゴムアスです。
必要以上に穴はあけません。

ゴムアス
無落雪や三角屋根問わず、すべての屋根には、下葺材のルーフィングが施工されています。
昔は、フェルトと呼ばれる薄いアスファルトでしたが、現在は建築の基本としては、アスファルトルーフィング940以上が指定されています。PL法施工後、新築では、10年間雨漏りに対し保証しなくてはいけなくなり、従来のような防水性能のルーフィングでは、屋根の形状により難しくなってきました。

私ども、ルーフマンは、石付き金属屋根材の普及に伴い、下葺材の防水性能を求め、さまざまなルーフィングの防水試験を実施し、その中で優秀なゴムアスルーフィング2商品を当社の指定ルーフィングとしました。

一般的に、ここまで防水の説明をして屋根工事の見積りを作成するお会社が少なく、リフォームでは特にコスト優先で、いまだにアスファルトルーフィング940を施工しているのが現状です。

品質が良いものを使用していても、施工の仕方が悪いと漏水の原因になるため、当社では、研修施設を設け、施工講習会をおこなって、精細の注意を払いながら施工いたします。

屋根改修の新しい価値観
【粘着層を加え、更に防水性能アップ】

粘着カバー工法専用防水シート『粘着キング』新東(株)オリジナル
粘着キングは従来の下葺材の性能やコストを研究して、新たに作られた商品です。
粘着カバー工法専用防水シートは、以前から世の中にはございましたが、コストが高く、一般住宅の屋根では、施工されることがめったにありませんでした。
今回発売した『粘着キング』は、安全性とコストパフォーマンスという、困難な課題を、屋根の専門家と建材商社とルーフマンの3社3人が、開発まで7年間を費やし、北海道という寒冷地での実証を終え、実現させた、次世代の防水シートを使った防水工法それが、商標登録『粘着カバー工法』さらに専用防水シートの『粘着キング』です。
粘着キング

今までの屋根の施工方法や、雨仕舞いの考え方を根本から見直すことになる、画期的な商品です。
粘着キング、ローコストのゴムアス、アスファルトルーフィング23k
左から、粘着キング、ローコストのゴムアス、アスファルトルーフィング23k

石付き金属かわら用のビスを打っていきます。

粘着キングは、ゴムアス層が0.7~0.8ミリあり、ビスを打つと、ゴムアスのブチル成分が絡みついていきます。
さらに、熱によりゴムアスが収縮するため、しっかりとビスをホールドして穴がふさがります。

ローコストのゴムアス裏面 ローコストのゴムアス表面

ローコストのゴムアスは、裏面に紙が着いており、一度穴が開くと戻らない性質があります。そのためビスで穴を開けると穴が広がり、防水性能がいちぢるしく下がります。

アスファルトルーフィング23k裏面 アスファルトルーフィング23k表面

ローコストのゴムアス同様、もともと釘しか想定していないため、一度穴が開くと戻らない性質があります。
そのためビスで穴を開けると穴が広がり、防水性能がいちぢるしく下がるため、現在大手ハウスメーカーでは使用していないところが多いです。