太陽光システムの無料と呼ばれているサービスの比較です。
実質無料や、無料と言ってもリースなど、様々なサービス形態があるので、しっかりと情報を比較することが必要です。

①実質0円(販売)

訪問販売や太陽光のリフォーム販売業者が多く使っている言葉です。

日中に使用する電気料金と余った電気を売電することでシステム代金を、計算上10年間で回収するので、太陽光システム代金を10年で概ね0円で買えるという販売をしています。

確かにシステム代金は、10年~12年で回収できるかもしれませんが・・・
実際には太陽光発電システムをローンで購入となる為、電気料金は安くなったとしてもローンの期間中、毎月の支払い金額が増えます。

②0円太陽光(リース)

0円で設置できるといいながら、じつは、毎月のリース料金が掛かる全国的に一番多い0円太陽光設置と謳っているサービスのパターンです。

太陽光で発電した電気はすべて使えて、売電もできますが、毎月リース料金が掛かります。

冬の北海道では、積雪によりあまり発電しない為、冬季間は支出が増えます。

また、ご自身で購入する金額と実際のリース料金あまり変わらないため損か?得か?判断しづらいですが、定額リースなので利用しやすいというメリットはあります。

③0円太陽光(屋根貸し)PPA

リースではありません、PPAという電力購入契約で本当に無料で太陽光システムを設置してくれます。(韓国メーカー製のパネル)

日中に太陽光で発電した電気も自家消費できず購入することになります。

太陽光が発電していない夜や天候が悪い日・冬の他、通常使用する時間帯もすべて無料設置した、事業者から電気を購入することが条件になります。

設置したお客様には、売電収入は入りません。

2022年9月に調査してみたこところ、北海道で実施している会社は、13年契約で購入する電気料金が少し高いようです。

購入単価:39.6円/kwh(税込)

また、途中で電気会社を変えたくなった場合は、太陽光システム代金の違約金が発生します。そのため、契約期間中は、違約金を払ってから他の電力契約に切り替るなどのデメリットがあります。

④0円太陽光(屋根貸し)シェアでんき

本当に無料で太陽光システム代金+設置費用が無料です。リース料も掛かりません!PPAサービス、太陽光パネル、パワコンは国内メーカーを使用

新築・リノベーション時に取扱登録している建築会社の専用サービスです。  

最低設置枚数があり、屋根形状が決められています。サービス内容は、日中に屋根の上で発電した電気を安く利用できます!

購入単価:25円/kwh(税込)

※リンナイ特別モデル【ハイブリッド割】対象で24円/kwh(税込)更にお得!

夜や冬など太陽光発電による電力が使えない期間の電気の購入先は指定しておらず、安い電力会社や北電などの電気料金プランを、お客様自身で選ぶことができます。

シェアでんき契約期間中、設置したお客様には、売電収入は入りません。

契約期間は15年になります。(途中解約は違約金が発生します)設置後15年で無償譲渡となり発電した電気は全量を使用できて、更に余った電気は売電することで、収入を得ることができるようになります。

購入する電気の単価も最安値で自然災害など保証内容が充実しており、メンテナンスを含めた設置から25年後のことまでしっかり考えられており、比較したところ0円太陽光の中で一番サービス内容が優れています。


※リンナイ・ハイブリッド割で24円(税込)

自宅の屋根で発電した電気を利用するため、再エネ賦課金・燃料調整費が掛かりません!

札幌市の再エネ機器導入初期費用ゼロ事業補助金制度を利用可能です→詳しくはHP