「点検/交換」10年毎の捉え方

トップライトの交換は屋根の塗装、葺き替えのタイミングで行うのがポイントです!

ベルックス製トップライト

築10年が経過

ベルックス10年目点検が必須

築20年が経過

2つの 選択肢があります
ベルックス20年点検が必須
(ただし保障は最長25年)
②ベルックス製トップライトに交換を提案

築30年が経過

屋根葺き替え・塗装時にはベルックス製トップライトへの交換を提案

設計上の耐用年数は25 年。それ以上経過すると部品が廃番のため補修不可能な可能性も

「10年目・20年目安心点検工事」の内容

  • 点検対象: お引渡し後10年前後のベルックス製天窓
  • 点検内容: ガラス回りの防水材の交換、部品の点検・確認・補修、グリスの補充、ガラス清掃(屋根側のみ)など
  • 特典: お引渡し後20年までの保証延長( 9年目、11年目での点検でも、一律に20年目までの延長となります)
  • 価格: ルーフマンへ、お見積もりご依頼下さい。

本体外装板を点検いたします
屋根側からアルミカバー、ビスの締め付けなどを点検し、必要な場合は補修を行います。
点検で・・・・・・
●新築時の万が一の取付けミスを発見し、補修することができます
●取付けの点検により防水性を確かなものとし、天窓を長持ちさせます

防水材の交換をいたします
防水材(ブチルゴム[左図1 ・ 2 の色つき部分])を交換、屋根側からのガラス清掃を行います。
点検で・・・・・・
●防水性能を製造時の状態に戻すことができます
●ガラスがきれいになることで、より一層の開放感を実感いただけます

可動部を点検いたします
金属部(左図囲み部分)へのグリス補充を行い、天窓とブラインドの動作確認も行います。
点検で・・・・・・
●開閉操作がスムースになります
●開閉時のきしみ音などを軽減できます

室内側から見た枠の腐食進行例(築20年目以降の判断基準)

A(軽度)
窓枠、サッシのどちらかに、1辺が3cm角または10㎡未満の水染み・変色が1か所以内見られる。

B(中度)
窓枠またはサッシに1辺が5.5cm角または30㎡未満の水染み・変色が2か所以内見られる。

C(重度)交換推奨
サッシに1辺が5.5cm角または30㎡以上の水染み・変色が2か所以上見られる

交換推奨

D(重度)交換が必須
窓枠に1辺が5.5cm角または30㎡以上の水染み・変色が3か所以上見られる

交換が必須

天窓設置から25年以上経過している場合は、A・Bの状態であっても、足場のあるタイミングで交換を推奨いたします。

鋼板屋根「ベルックス」天窓交換施工例

既存GGL
VSタイプへ交換